健康診断 & リコ通院中

なにか空梅雨とか言われてたら平均雨量は平年より多いとかテレビで言っていましたが何か実感無し。
すっきりした天気は少ないけど、それより各地のダムの貯水量がどうなのか伝えてほしいです。
神奈川県は割と渇水とかにはならないけど他の地方だと農作物とか影響出ますからね。

さてピンナの健康診断で肝臓の状態が悪くなっているので購入したフードプロセッサー、
一応毎日活動しています。
リンゴやぶどうなどスムージー(?)にして上げていますが、そろそろ料理の腕を振るわないと飽きられてしまいそう。

それでまずは新作を。

リンゴとぶどうのミックスジュース。

じゃ~ん
1_ピンナジュース
おいしそう♪

でもピンナ食べてくれません。(涙

2_ピンナ

コラ~ 毒じゃないぞ~~!!

昨日も折角のプラムをジュースにしてあげたのに、殆ど口にしていなかったみたいだし。

家はなんかへそ曲がりな子ばかりだな。

ピンナを検査したときに一緒にクラミジア(CHL)の検査もしてもらいました。
お迎え時はCHL陰性ということでこれまで特に再検査はしていませんでしたがシレナの時もPBFD陰性なのに実際は感染していたし。
またリコやノンちゃんは普通の鳥屋さん(?)からお迎えしているので検査すらされていない。

そこで今回一斉に調べておこうかなと思い順次健康診断することにしました。

ちょうどその時に関東鳥バカ会があったのでトリ村のバードラン利用の規約を見たのですが今年の7月から1年以内にクラミジアの検査がされていないと利用できなくなるそうですね。

鳥バカの会は7月前だったので特に規制には成っていなかったですが確かに何十匹の鳥が集まると感染症も確かに気になるところです。ただ鳥バカな人たちばかりなのでこういった人たちはしっかり管理されておられると思いますが。

ちなみにピンナはCHL 陰性でした。

次にリコ。
年は10才あたり、毎日元気に広告のシュレッダーのお仕事に励んでいます。

3_リコ

でもレントゲンを撮ったら、肝臓が肥大していました。
血液検査でも肝臓の値が悪い。エコーで調べたところどうも脂肪肝になっているようです。

餌はシードとペレットでヒマワリなんかあげていませんでしたが、中型の子のおやつであるアーモンドなんかは食べていましたけど、そんなに脂質の多い物を上げていなかったはず。
体重も55gぐらいでそんなに太ってるとも思わなかったし。
脂肪肝なんて美味しい物いっぱい食べてる子がなるようなイメージでしたけど。

4_リコ涙


でもよ~く考えたら上げていたシード、オカメちゃん用配合なんですね。ヒマワリは入っていないけどサフラワなんかが結構入っている。小さいリコにはそれで十分多脂だったのでしょうね。
そこで先生からオーチャードグラスを薦められました。粟2,ヒエ2、オーチャードグラス4ぐらいの割合で与えると非常にヘルシーとのこと。
調べて見ると欧米なんかでも肥満の子などに良いとか。

早速ネットで検索してなんとか購入。 扱っている店が少ないです。

届いてびっくり。

先生の配合にしようとするとオーチャードグラス、スプーン山盛り1杯で2gしかない。
だからこれをスプーン山盛り2杯。
粟、ヒエと言うと、スプーン1/3~1/2ぐらいで2g

写真では分かりづらいですが混ぜるとほとんどオーチャードグラス。

5_リコ餌

すごく細い実でこりゃいくら食べてもそらヘルシーだわ。でも旨そうにも思えない。
先生もお腹が減ってようやく食べるようになるとか・・・・・・

3日ぐらい掛けてこれまでの餌にオーチャードグラスを混ぜて切り替えましたが、超不機嫌みたいです。

6_リコ腹減った

紙を食べてるからではありませんがやっと慣れて来たのか餌の減る量も増えつつあるようで体重のちょっと戻りだしてきました。

これに強肝剤と週一回の注射。
3ヶ月後に再検査の予定。
ただ一生投薬が続く可能性も。

加えてもうひとつやっかいなことが見つかりまして。
リコ、ひどい不整脈があるようです。
心音が乱れています。
エコーで見たところ心臓の弁には異常がなさそうでリズムを伝える部分に問題がありそう。
鳥は心電図がとれず、治療しなくても良いか、しなくてはだめかの判断ができないそうです。
先生もこの症例を扱った事がないので文献を調べないと分からないのでちょっと時間をくださいと言われました。とりあえず強心剤になるタウリンを与えることに。

実は私も「右脚完全ブロック」で心臓の右側を動かす神経が動いておらず、左を動かす神経が回り込んで動いています。特に不便はありませんが。
こんなとこまで飼い主に似なくていいのに、も~。
特に運動した後ゼイゼイ言っているような感じはないので治療不要の不整脈であってほしいです。


ちなみにリコもCHLは陰性。(PBFD、BFDも以前の検査で陰性)
チャッピーもBFD、CHLとも陰性
ビオレットも アスペルギルス、CHLとも陰性

遺伝子検査の判明している前半組は感染症に関しては特に問題無しでした。


これから後半組です。

既に検診が終わって結果待ちのノンちゃんとアンジュ。

ノンチャンは以前にPBFDの検査はしていますがショップでもCHLは未検査なので一番心配な子
でもずっと一緒にいるリコが陰性なので大丈夫かな。

それより長年鳥と一緒だった私自身が持っているじゃ無いかと若干心配してます。(^^;

血液検査は大きな問題無し。ただリンパ球が多い。
これはノンチャンに限ったことではなくてどうも我が家の子、全員に同じような傾向がみられます。
もしかしたらケージの設置場所とかなにか、無精な管理人の掃除不足かなにかがあるのかも。

後レントゲンで、マッチョって言われました。他の子の写真とも比べて見せてもらえましたが胸筋が発達していてすごく大きいです。脂肪も少ないそうです。体重は90gちょい。90gを下回ることも多いのでひょろひょろかと思ったら大違いでした。

7_ノンちゃん


次はアンジュ。雛の時の食滞を降り越えて今では100gを軽く越すデブチョになってます。
好きなだけ餌をあげると110gも越すので餌を押さえてますが、この子も意外に脂肪は少ないと言われました。
PDDを疑われたときの気配はもう無し。良かった良かった。

8_アンジュ

血液検査も概ねOK
ただ心音が遅くて、持つとヒューヒューとしているようなので後日再検査に。
アンジュ、羽替わりのまっただ中のせいか、検査が終わったら完全グロッキー状態になってました。(汗


後残るはカンナのみで来週検査予定。

一度にここまで一斉に検査したことがなかったですがやっぱり詳しく調べるとリコ意外でも細かいところで異常らしきものが見つかってます。
人も精密検査をしたらどこか悪いところは見つかるものだからそこを注意しながら育てていきましょう。

とにかくこれでベースラインというが今の時点での健康状態が把握できたので、もしなにか会った時に素早く対応できればとおもってます。

その心は・・・ 「私より先に逝くな」



我が家のミドリのコウモリ、暴れまくるだけならまだしも、写真を撮ろうとカメラを構えるとすぐさま飛んで来てカメラに齧り付くので写真がなかなか撮れません。 ><
9_チャッピ

どんどんカメラの調子も悪くなってきているみたいだし。

写真を撮るためにチャッピー用に足鎖を準備しないといけないかも。


最後に明日 新座のトリ村でピオヌス臭会が催されます。
ビオレットも参加予定。
10_ビオ

別に車で行くわけではありませんが、移動とかになれさせています。

明日たくさんお友達が来たらいいな。ってたぶん5羽ぐらいかも。
2週間ぐらい前に何人ぐらい参加予定ですかと聴いたら私を含めて2名とか。(^^;
電話問い合わせの方もいるとのことでしたので、なにとぞ皆さんお越し下さい。
そしてバードランを甘酸っぱいあのピオヌス臭で満たしましょう。(^^)

スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2013.06.29 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 鳥全般

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/29 (土) 17:39:21 | | # [ 編集 ]

これまた読み応えのある記事でした。
一斉検査、大変ですがいろいろ判って良かったですね。
脂肪肝とか不整脈なんて、鳥にもあるんだ~ってペットさんお持ちのブログで初めて知ることばかり・・・
人間でも治療大変なのに。。。

さて、集会は楽しめたでしょうか???^^

2013/06/30 (日) 09:29:26 | URL | アンティー #ax4px7aw [ 編集 ]

Re: 悩ましいですね~

>
いまはとりあえず治療期なので我慢してもらっています。
後10年くらい生きてほしいですが、そこはやっぱり健康状態に合わせて鳥自身も幸せに生きて貰いたいと思っているので無理してまでも長生きさせるつもりはありません。ってできないでしょうね。
あまちゃん飼い主だし、それを知ってか早速リコも最近甘えたモードに成っているし。(^^;
でも、出来るだけ長く一緒にすごしたいです。
ありがとうございました。

2013/07/01 (月) 14:02:11 | URL | ヤス #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> アンティーさんへ
最近は鳥の治療もだんだん進歩してきていますが、薬とかはまだまだ人間用や犬猫用の薬で鳥用なんてものはまだまだです。
それでもエコーで心臓の動きを見てラブバのような小さな心臓でも弁の状態を推測出来るってすごいです。私も横で画面を見せてもらってましたがさっぱり分からず。肝臓が少し白っぽくなっているのは分かりましたが。私も以前人間ドッグで脂肪肝になりかけてるって言われた事があります。(汗
鳥の脈拍はすごく早いのですが、それを録音して波形にしてスピードを落として聴かせて貰いましたがリズムが暴れているのが良く分かりました。
鳥は病気を隠すと言われますが、早く見つけてあげるのも飼い主の役目。
以前ヨウムをPBFDで亡くしてしまいましたが、異常を早く見つけられたので他の子には感染しませんでした。
いつもうまく行くわけではないですが、なんとかがんばって行きたいと思います。

ちなみに「集会」ではなく「臭会」です。(笑
楽しんで来ましたよ。(^^)


2013/07/01 (月) 14:17:09 | URL | ヤス #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
我が家の鳥マンションに暮らす入居者たちのどたばたな日記

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード