近くなのに遠い場所

先週は誕生日が同じ日の義父と義姉のちょっと遅い誕生日会と、義父のちょっと早い(数えで)米寿のお祝いを兼ねて我が家の近くにある「横浜うかい亭」という場所でランチを頂きました。

いつものお散歩コースでもすぐ脇を通るぐらい近いところでむか~しから存在は知っていましたが、自分のお金で行けるような場所でも無く。(汗・・・・
いつも遠目で見ておりました。(笑

前からお祝いのお誘いを受けていましたが私は仕事の予定が入っていたので諦めていたところ直前になって休みになったので、ちょっと寝ていたいという気もありましたが、これを逃せば2度と行けないかもしれないという焦り(笑 から行ってまいりました。 ナハハ。 恥ずかし ( ーー;

うかい亭の入り口
1_うかい亭入り口

明治時代のオランダ貿易商が迎賓館として使用していた建物を移築(?)してさらに改装増築をして現在にいたっているとか。

建物の中は和風と洋風が混じり合って凄く落ち着いた雰囲気です。

待合室のバーカウンタ。
2_バーカウンタ

いろいろな場所に調度品や飾りが施されています。
3_フロア

フロアの奥や2階に調理用テーブルがあり、私たちは10名という事もあってうかい亭では一番広い部屋に案内されました。
貸し切り状態なので落ち着けること。

ランチが始まり、まずはオードブル。
私はオマールエビのサラダ。
4_オードブル1

こちらは別の方がオーダーしたローストビーフ。
5_オードブル2
オマールエビも美味しかったけどこのローストビーフも食べて見たかったな。(^^;

オードブルを食べ終えるといよいよ調理人が登場。

いろいろ料理などの説明をしながら調理をしてくれます。

最初の料理は スズキの煮物。
6_すずき
量は少ないですが、すごく美味しかったです。
スズキ自体は淡泊な味ですがスープと一緒に食べるともう絶品。
私に取ってはこれが一番美味しかったです。

うかい亭は鉄板焼きで やはり牛肉料理がメインですが、海外のお客さんも多くなり宗教上の理由で食べられないものや四つ足のものはダメという方も増えて来ていますがうかい亭ではそのようなお客様でも食べられるものを準備して調理しますのでどんどんわがままを言ってくださいとのことでした。

調理する前に各人の好き嫌いやアレルギーなども確認されますし、このスズキの煮物も最後にコリアンダーで味を調えるらしいですが、その前にコリアンダーが苦手か確認してくれてコリアンダが駄目な私には先に盛り付けしてもらえました。(^^)

調理中の様子。

7_調理

海外で有名なベニハナではコックの派手なパフォーマンスが繰り広げられますが、さすがにそんなことはなく話をしながらテキパキと調理が進められます。
調理で意外だったのは、肉の片面を焼いたとき、その焼いた油を捨てて、新たに油を引いて次の面を焼いていること。
調理人曰く、確かに油には肉のうまみが含まれているが、酸化するのが早いのですぐにソースにするのならいいが、そのままでは
味の邪魔になるそうです。
なんかもったいない気がするのは私だけでしょうか。(笑

このときもメインのお肉はサーロインでしたが最初に油を控えたい方がいるか訊ねてその方にはランプ肉が準備されました。
サーロインとランプでは焼き方も切り方(盛り付け)も違うんですね。

メインの焼き肉
8_鉄板焼き

付け合わせのガーリックやヒラインゲンも もちろんお肉も美味しかったですが、
味覚障害?味オンチ??辛い物好きで舌がバカ???亜鉛が足りない???? なのか、お肉の味が、その辺のステーキハウスで食べる肉とあまり変わらないような気が・・・。
味の違いがわからない貧乏人です。 (涙

最後は〆のガーリックライス。
話と調理に夢中になって写真を撮るのを忘れてしまいましたが、調理の中でこのガーリンクライスを作る時間が一番長かったです。
調理人の方も調理の中でガーリックライスを作るのが一番難しいとか。

なんとうかい亭のなかではこのカーリックライスの品評会が有り、先輩、後輩も関係なしでみんながガチでガーリックライスの腕前を競うとか。
お肉の焼き方よりガーリンクライスの腕前を競うなんて面白い物ですね。

チャーハンのような作り方ではなくご飯を潰さないようにそっと扱って山のように盛り上げたときのご飯の崩れ方などでご飯の水分がどのくらいかを判断しながらじっくりと焼き上げて行きます。 目指すはパラパラではありながらもっちり感のライス。
最後に醤油を使いますが、これも混ぜるのではなく鉄板の上に醬油を垂らして漕がし、その上をライスを通過させて風味付けだけに使用されます。
ガーリックしか使っていないガーリックライスは少々薄味ではありますが、ほのかなガーリックの風味と本当に周りはしかりしてのに中はもっちりしているガーリックライスはお味噌汁や香の物と一緒に食べるととても美味しかったです。

食べるのもそうですが、調理や話を訊いているだけで楽しい時間が過ごせました。
ランチなのにこれだけで約2時間。

その後場所をラウンジに替わってスィーツのお時間。
9_ラウンジ

その場所の天井を見上げると釘を使わない木組みでの梁になっています。
明治時代の建物なのでしょうか。

10_天井

私が頼んだエクレア。
生地がパリパリでクリームもしっとり。
たぶんオーダーを受けてからクリームを入れたんじゃないかな。
いままで食べたなかで一番おいしいエクレアでした。
11_デザート

こちらは義父が頼んだシャーベットですが、なんとお皿のまわりにチョコレートでお祝いのメッセージが!!
12_米寿

たぶん食事中の会話からでしょう、ラウンジで待っているときにお誕生日のお花を持ってきてくれり、わざわざ店の方が記念の写真をお撮りしましょうと記念写真を撮って帰り際に写真を渡してくれたり、さすが多くの企業が接待に使用しているだけあって細かいところまで気配りが行き届いたお店です。

今度はゆっくりとディナーを楽しみたいな~。
夢ですけど。(笑

貧乏人の初めての高級店レポートでした。(爆

家に帰ったら現実が待っておりまして・・・・
13_チャッピー

はいはい、有りませんよ~。

14_カンナ
こら~、床を齧るな~ ><


15_ピンナ
秋なのに義父の家のボトルブラシの花がまた咲いたようです。

ピンナだけはこれで満足してくれたようです。(^o^)

スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2015.09.05 | | コメント(10) | トラックバック(0) | その他

«  | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
我が家の鳥マンションに暮らす入居者たちのどたばたな日記

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード