健康診断 第二弾

昨日は宣言どうり リコと一緒にピンナを連れて健康診断に行って参りました。

行くのを嫌がるピンナ。

1_カンベン

そうは行きませんよ。
去年は血液検査出来なかったしね。
しっかりと調べないと。

ピンナは血圧が低いのか血管が見えづらく、いつも採血が苦労します。
結局去年も先生が採血を諦めました。
ほんの少々取れた血液で遺伝子検査だけは出来ましたが。

今年も心配しましたがなんとか採血完了。(^^)


無事帰還したピンナでした。(笑

2_ぐったり

検査結果は心配してた肝臓、腎臓など血液検査は問題無し。



3_結果

ですが、糞便検査で 脂肪滴が出ていたとか。

脂肪が消化されずに出ているようです。
脂肪の多い食べ物を沢山食べたり膵臓の機能が落ちると出るそうな。

今日の便の色なら問題無いけどひどくなると便の色が白くなるそうです。
関係あるか判りませんが、ピンナの便、乾くと白っぽくなるんですよね。

要観察で二ヶ月後再検査することに。


4_やだ

でもピンナ。
今度は 便を持って行くだけで採血は無いからね。


5_良かった

そんなに喜ばなくても。 (^^;


さて、リコの方ですが、頭ボサボサのリコ。

6_リコ

カビが原因のようですが、もしカビが原因ならカビ菌にも効果の有る
中性電解水で頭を洗ってあげたら効くじゃないかなと思い先生に訊いてみました。
中性電解水なら目とかに入っても問題無いし。

先生も効果あるでしょうとの事なので帰ってから早速洗ってみました。

7_シャンプ

ビッチョリ。(笑

さて、効果はあるでしょうか?
これから数日おきぐらいで洗ってみようと思います。

また、以前のフサフサの羽に戻ってくれたら良いな。


スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2017.12.17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 鳥の病気

健康診断

昨日はカンナを連れて健康診断に行って来ました。

1_健康診断

キャリーに入れられて慌てるカンナ。 (笑


予約は入れてありましたが、結構待ちました。
健康診断はいつもの血液検査に糞便検査、それとクラミジアとPBFDの遺伝子検査。


先生に捕まえられて恐竜鳴きするカンナ。
そんなカンナを先生と看護婦さんの3人がかりで採血。
でも今回は一発で採血出来ました。
カンナも悲鳴を上げていたのは捕まえられた時だけで、
採血中は静かでした。


でも帰ってからぶ~たれるカンナ。
2_痛かった

ご褒美のアーモンドをセッセと2個も平らげたのにねぇ。



血液検査の結果は、

3_結果

肝臓、腎臓の値は問題無し
いつものようにCK値が高め。
白血球も高か目。
でも毎回こんなもんなので今回も様子見と
いうところで大きな問題が無しということでした。

体重が増えて来ているので先生に訊いた見たら、
体格もそんなに悪くは無いとのこと。

血液検査の値からも肥満である兆候は出ていないらしいです。

食事も今まで通りで良いとのこと。

良かったね、カンナ。

4_スレンダー

いや、威張れるような体型じゃないぞ!!。 

まぁ、体重が500g超えないように食事の管理をしていきたいと思います。


5_けけけ

人の不幸を喜ぶピンナ。
性格悪いやつ。

でもねピンナ、 来週はピンナが健康診断だよ。 (^^)

6_聞いてない

今、言ったんだもん。(笑

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2017.12.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 鳥の病気

やっぱりカビのようです。

今日もセッセとお仕事に励むリコ。

1_お仕事

先週、病院に行って来ました。

顔のボサボサはどうもカビが原因のようです。
培養していたリコの羽から 大きなカビのコロニーが出来ていました。

治療として薬にヨード剤が追加されました。

このヨード、遮光袋にいれて冷蔵保存なのですが、臭いがスゴイ。

イソジンの香りがプンプン。
冷蔵庫の庫内に臭いが付かないか心配する程。
これを一滴、飲み水に入れるのですが、それでも飲み水から臭いがするので飲んでくれるか心配です。

体中に表れた赤い模様ですが、やはり肝臓と甲状腺が原因でしょうとのこと。
このまま放っておいたら全身が赤くなるとか。

これまでも甲状腺の薬が処方されていましたが、摂取量が少ないのかもしれないとのかも。

普段から餌を新しくしても薬をかけた部分を避けながら食べてるみたいだし。
いつも餌入れの底に薬が堪っています。

そこで薬を餌にかけるのではなく直接口に薬を垂らす経口投与にすることにしました。

今は一日二回、リコをとっ捕まえて薬を上げています。
2_ムギュー

この薬も遮光袋に入れての冷蔵保存。
鳥が驚かないように投与の前に冷蔵から出して室温に戻してからあげて下さいねと。
経口投与すること自体は問題ないのですが、薬を冷蔵庫から出して常温に戻すのを、どうも忘れてしまいます。(^^;
特に朝のバタバタしてる時には 「あっ薬あげてない」と気付いてもすぐに上げられないし。
薬を室温に戻すのがちょっと煩わしいです。(^^;

3_おえ~

上げた薬を戻してるのではありません。(笑


プレイジムの水入れで水浴びを楽しむリコ。

水浴びしながら水を飲んでいるんだろうなぁ。
ますます、薬の入った水、飲まないだろうな。 ( ーー;



珍しくビオレットが チャッピーの餌を盗み食いしています。
4_盗み食い

食べ残ししか残ってないのにねぇ。
それでもほじくる意地汚いヤツ。

5_みたな

チャッピーも別に取られても何も無いやと判ってるのか、ビオレットを襲うのでもなく
いつもと逆に、ビオレットのケージの方に留まって様子を見てます。

6_逆

我が家で一番凶暴なチャッピー。

今朝も ピンナを追いかけながら管理人の手の甲に降り立ったチャッピー。

いきなり手をガブ!! (゚Д゚);

7_チャッピ

しっかり出血。 (;_;)

油断出来ないヤツです。 (涙


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2017.12.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 鳥の病気

鳥ボルナウイルス

たまに遊びに行っていたとり村ですが現在とり村は臨時休業となっています。
それはTSUBASAの里子の子にPDD(腺胃拡張症)の疑いの有る子が見つかり、念の為にTSUBASA施設の鳥ボルナウイルスの検査を行っているからです。

この鳥ボルナウイルスは聞き慣れないウイルスですがPDDの原因ウイルスとされており、アンジュをお迎えしたときに感染が疑われたものです。

1_アンジュ

アンジュは2008年の9月にまだ差し餌のヒナの時にお迎えしましたが、お迎えしてすぐに餌を吐くようになりました。
プラケの壁が吐き戻したフォーミュラーでベトベト。
すぐに病院に連れて行きましたがPDDの疑いがあるとのことでその場で即入院!!
もしPDDだったら治療の方法が無く、諦めるしかないと言われました。
その時はまだPDDの原因が分からず検査の無い時でした。

病院が自宅から近いので何かあってもすぐ病院に来れるからと入院は一週間で済みましたが、入院中は体重が減り続け一時期あぶなかった時もあったとか。

退院してからも吐かないようにご飯は1gずつ一日8回ぐらい。
それを3ヶ月ぐらいも続けました。
おかげさまで吐き戻しも無くなり、アンジュ自体は元気になってきました。

しかし消炎剤の投与は続き、何時亡くなるかもしれないとの恐怖に苛まれていました。、
そんな中、一年半ほどしてPDDのウイルスが判明し検査出来るようになったと教えて頂きました。
それが鳥ボルナウイルス。

直ぐさま検査をして頂き、その結果陰性と判明しました。
これでやっと消炎剤とお別れとなりました。

今では元気に100g越えのおデブさんになってるアンジュ。
でもお迎えして二年近く苦労して育てたのに毎週の様に病院に連れて行ったせいかすっかり管理人ぎらいに。(涙

2_デブ

たまに頭や肩に乗る事はありますが絶対素手には乗らないアンジュ。
ケージに帰すときなどは手にティッシュペーパーを巻くことでやっと乗ってもらっています。 ( ーー;

とにかく元気になってくれたので良しとしますか。


今、病院通いしているリコ。
昨日、リコの餌替えをしているときにリコの異変に気付きました。

なんか体中に赤い縞模様が!!
3_リコ

正面だげでなく横や背中にも出来ています。

4_しましま

数日前にヒーターを替えたので火傷でもしたかと思いましたが特に熱い箇所も無し。
ケージ内に血のような汚れも無いし。

娘がネットで調べたら肝臓が悪くなった鳥に似たような模様が出来るようです。

リコ、肝臓の状態が悪くなってきたのかな?
来週、病院なので先生に訊いてみますが。

リコは今日も元気にカレンダーを破壊しています。

5_バリバリ

でも鳥は病気を隠しますからね。

確かにだんだんおばあさんぽくなって来ているような気も。
6_おばあちゃん

とにかく元気でいて下さい。


食洗機の隅で巣作りの練習をするビオレット。
7_ビオレット

いつものように頭がツクツクで羽替わりばかりしているピンナ
8_ツクツク

9_ピンナ

二人ともお迎え早々、腎臓が悪くて病院通い。


とにかく病人の多い我が家。

お迎えしてから健康診断以外で病院に行ったことのないのはこの方ぐらい。
10_元気

噛んでもいい。
元気が一番です。


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2017.11.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 鳥の病気

白内障

朝、外を見たら隣の小学校のプールが凍っていました。
カンナも思わず、

1_さむい


エアコン入れても床が冷たくて・・・・・裸足でいると足下から冷えてきます。

鳥達は日向で暖を取ってます。

2_ポカポカ



さて、放鳥するといつも冷蔵庫の上でまったりしているノンちゃん。

昨年末にケージの掃除をしていたらやけに右目をパチパチしています。


3_ノンちゃん

気になって捕まえて右目を良く見たら微かに白い濁りが。
どうも白内障ぽい感じ。

5_白内障

右側から指を近づけても気が付かない様子。

年が明けて病院に連れて行きましたが、やっぱり白内障とのこと。
やっぱり見えていないようです。

幸い左目は大丈夫みたい。

原因は良く分からず。
ノンちゃんは生年月日を覚えておらず、年が判りません。
しかし、娘曰く、小学校のころにはいたというのでそれから推測すると少なくとも12歳以上。
高齢が原因でしょうか?


取りあえず 左目が悪くならないように薬を貰いました。

6_くすり

でも、犬猫用の薬で、鳥の白内障がほ乳類のそれと同じメカニズムで起こるのか分かっていないそうです。
後はビタミン剤で身体の酸化を防ぐのだそうな。

目が見えないからか、ここのところ体重の低下がちょっと大きいノンちゃん。

4_右目

視力は元には戻らないでしょうけど、なんとか早くなれて、また元気になって欲しいです。

同じく赤目のオカメちゃん。
7__アンジュ

こちらはうるさいぐらいに鳴きまくっているので 心配はいらなさそうです。

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

2017.01.15 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 鳥の病気

«  | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
我が家の鳥マンションに暮らす入居者たちのどたばたな日記

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード